SQL Server 2019 Developer のインストール手順

SQL Server

本手順について

Microsoft社のRDBMSである SQL Server 2019 Developer のインストール手順になります。
以降はWindows OSでの手順となります。

SQL Server 2019 Developer エディションをインストールしてみよう

SQL Server 2019 Developer のダウンロード

以下リンクからSQL Server 2019 Developerをダウンロードします。
商用利用するわけではないかつ、全機能を備えている無料エディションということでこちらを使っていきます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-downloads

Expressは小規模の商用利用可能ですが、機能制限があるそうなので興味ある方はこちらのリンクから確認ください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/linux/sql-server-linux-editions-and-components-2019?view=sql-server-ver15

SQL Server 2019 Developer のインストール

ダウンロードしたSQL2019-SSEI-Dev.exeを管理者として実行し、基本を選択します。

ライセンス条項を確認し次へを選択します。

デフォルトのまま「インストール」ボタンをクリックします。(しばらく時間がかかります)

インストールが正常に完了したので「SSMSのインストール」をクリックします。

日本語版は使用できる言語から「日本語」を選択してダウンロードしてください。

SSMS のダウンロード「SQL Server Management Studio (SSMS) 18.10 の無料ダウンロード」からもインストールできますが、英語版でのインストールとなってしまうので日本語版が良い方は避けましょう。

ダウンロードしたSSMS-Setup-JPN.exeを管理者として実行し、「Install」ボタンをクリックします。(しばらく時間がかかります)

インストールしたMicrosoft SQL Server Management Studio はデータベースを統合管理するためのユーティリティで、よく利用します。

最後に

これでインストール作業は完了です。
次回は Microsoft SQL Server Management Studio を使ってデータベースやテーブルを作成してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました